×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひざ関節痛を改善する


痛みを逃がすとはどういう意味かというと、痛みが出ている箇所の周辺の筋肉を柔軟にすることで、痛みを留まらせなくすることができます。また身体の使い方ひとつでひざ関節痛を軽減することも可能です。

ひざ関節の周辺の筋肉というと、ハムストリングスと大腿四頭筋です。聞きなれない言葉かもしれませんが、ハムストリングスは、太もも内側ににある大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の三つを合わせた部位の名称をいいます。これらの筋肉を適度に鍛えることで痛みを軽減できます。

ひざ関節痛の痛みは、ひざ関節に関係する筋肉を柔軟にさせることと、きちんと使わせること、これをやることで血行がよくなり、痛みの物質が流れ出すようになります。その他にはひざの周辺の筋肉をある程度鍛えておくことも重要になると思います。ひざの動きを他の筋肉でカバーしてしまうのも対応法としてはあります。

ひざ関節痛などとは比較にならないかもしれませんが、五十肩なども痛みを十分に取り除けない場合があります。そういった場合、肩周辺の筋肉、特にインナーマッスルを鍛えることで、痛みをカバーできる身体にしてしまうことも出来ます。これは他の筋肉が、痛みの出る動きをさせないようにカバーするためです。